グルメ

コーヒーの起源は?どうやって伝わっていったの?コーヒーの歴史を解説

この記事では、コーヒーがどのように発見され、どのように世界に伝わっていったのかを解説していきます!

コーヒーは世界中に広まっている生活に欠かせないもの。
皆さんはこのコーヒーについて疑問に思う事はありますか?

・コーヒーはいつごろから飲まれ始めたの?
・そもそも、どうやってコーヒーは発見されたの?
・いつ日本にコーヒーが伝わったの?

コーヒーについてこんな疑問を持つ方も多いと思います。

この記事を読めば、コーヒーの起源からどのようにしてコーヒーが世界に伝わっていったのか、コーヒーの歴史が分かります!

コーヒーに詳しくなって他の人に自慢できてしまうかも?

それでは、まずはコーヒーの起源からお伝えしていきます。

コーヒーの歴史

コーヒーの始まりから日本に伝わるまでを解説していきます。

コーヒーの起源は説が2つある

実は、コーヒーの始まりには2つの説があり、「エチオピア起源説」「アラビア起源説」です。

それぞれ説明していきます。

エチオピア起源説

この説はレバノンの言語学者「ファウスト・ナイロニ」の「眠りを知らない修道院」(1671年)に記されているお話です。

遡る事6世紀頃、エチオピアにヤギ飼いのカルディがいました。

ある日、彼が放し飼いにしているヤギが異様に興奮している事に気がついて原因を探っていたところ、周辺に生い茂る木にある赤い木の実を食べていた事が分かりました。

カルディも食べてみると気分が爽快になり活力がみなぎってきました。

この事を仲間の僧侶に伝えると、眠気が覚めて気分が爽快になる!と瞬く間に赤い実が広がり、「魔法の実」として皆に愛されるようになりました。

アラビア起源説

こちらの説は回教徒アブダル・カディの「コーヒー由来書」(1587年)に記されているお話です。

イスラム教の聖職者であるシーク・オマールはモカという町に住んでいました。

しかしある日、無実の罪でオウサブという山に追い出されてしまいます。

オマールは山にある洞窟で暮らすこととなりましたが、ろくに食べ物も食べられず苦しい生活を送っていました。

そんなある日、美しい羽を持った一羽の鳥が木にとまり陽気にさえずっているのを見ました。

その木の枝の先には赤い木の実がなっていて、空腹だったオマールはその実を食べると大変美味しく思い、洞窟にたくさん持ち帰りました。

そして木の実を煮出しスープにして飲んでみると何とも爽やかな気分になり、元気も回復しました。

その後彼は赤い実とそのスープをモカに伝え、それが大変評判になりモカの町に戻る事を許されたのでした。

コーヒーは当初薬用として飲まれていた

その後コーヒーは10世紀初頭から人々に飲まれ始めたのではないかと考えられています。

アラビアの医師ラーゼスが残した記録には「バン」と呼ばれる乾燥したコーヒーの実を砕いて水に浸して煎じバンカムと呼んで医薬にしていた、と書かれているからです。

世界最初のコーヒー店がカイロで開店

コーヒーがアラビアやイスラムに広がってから、更に時が経った1510年頃、カイロに世界初のコーヒー店が出現しました。

1544年にはトルコの首都コンスタンチノープルに「カヴェー・カネス」という有名なコーヒー店が誕生しました。

イギリスのロンドンにコーヒーが伝わり一大ブームになる

ヨーロッパにコーヒーが普及したきっかけは、ロンドンのトルコ人貿易商ダニエル・エドワードが、トルコから連れ帰ったパスカ・ロゼにコーヒーをいれさせ、お客にも振る舞っていたところ大評判となり、1652年にコーヒー店をオープンした事です。

ロンドンでは、わずか10年で2,000軒ものコーヒー店が開くぐらいブームになりました。

フランスでドリップ式が開発される

フランスでもコーヒーはすぐに普及していきました。

そんなフランスでは当時のコーヒー技術にとって革命的だった「ドリップ式」が開発されました。

開発したのはなんと、1人の名もなきブリキ職人でした。

長崎の出島にあるオランダ商館からコーヒーが伝わった?

1782年にオランダ学者の志筑忠雄が訳した「万国管窺」という本には

「阿蘭陀の常に服するコッヒーと云ふものは形豆の如くなれどもじつは木の実なり」

と書かれています。

日本初の喫茶店「可否茶館(こーひーさかん)」

1888年4月13日、東京は下谷黒門町に「可否茶館」という日本初の本格喫茶店がオープンしました。

コーヒーは歴史ある飲み物

記事のまとめをしていきます。

・コーヒーの起源の説は「エチオピア起源説」「アラビア起源説」の2つある
・コーヒーは、最初は薬用として飲まれていた
・世界初のコーヒー店はカイロ
・後にヨーロッパに伝わり大ブームになる
・フランスでドリップ式が開発される
・日本には長崎の出島でオランダ人から伝わった
・日本初の本格喫茶店は「可否茶館(こーひーさかん)」

古代から効能があるとされて人々に広まっていったコーヒー。

現代でも人々の生活に欠かせない飲み物となっていますね。コーヒーを飲んで明日からも頑張っていきましょう!